ホーム >  業務用無線とは

業務用無線とは

■ 業務用無線装置とタイプ

業務用無線とは、業務を行うための専用無線で、「人−人(会話用)」と、「人−機械(コントロール用)」の2種類があります。

会話用には、以下の3種類があります。(1.2はスタンダード有り。3のMCAもスタンダードから発売。)

  1. 免許のいらない、気軽に使える近距離用の無線機・・・・・・・  「特定小電力無線

  2. 運輸や広い工場など一般的に使われる中距離用の無線機・・・・  「簡易無線
  3. 1エリア約30km、全国通信も可能な広域無線機・・・・・・・  「広域無線(MCA等)

■ 特徴   

3大メリットの項にも記載しましたが、現場にとっても、経営者にとっても多くのメリットがあります。

●現場側

ボタン1つ押すだけで瞬時に
会話ができるため、
・待ち時間のストレスが無く
・明瞭な会話
ができます。

デザインがシンプルなため、
・ 使いやすく
・ 堅牢で
・ 衝撃にも強い
という特徴があります。

携帯電話のように相手につながるまでの時間がないため、
・即時性があり
緊急時は、救命にも
繋がり
ます。

*特にMCA無線機では、1人の会話を他の数人が同時に聞ける機能があるため、 移動性の高いチームワークに適しており、スピーディーに業務を遂行し、効率を著しくアップすることができます。

●経営者側


・特小無線は機器代のみ
・簡易無線、登録無線は、
 機器代+免許更新料
・MCAは月額約2000円台 程度の定額利用料

携帯電話と違い、3人以上が同時に聞ける、“自分たちだけの通信網”を作れます

適切な通信ができると、効率が上がり、サービスもアップ!費用も削減できます。


お気軽にお問合せ下さい。 お問合せはこちらからどうぞ  FAXフォームはこちら メールフォームはこちら

To Pagetop