ホーム > mca

災害に強い業務用デジタルMCA無線通信システム

mcaイメージ画像


MCA無線でビジネス通信から防災・危機管理まで


MCAシステムについて

災害に強い高信頼のデジタルMCA 無線 mcAccess e は、法人向けの業務用無線で唯一、北海道から沖縄までのワイドなエリアを実現。  地域密着の企業だけでなく全国展開の企業にも、ビジネスの効率化に貢献します。 自治体の防災無線や企業の危機管理・BCP用通信システムも、低コストで構築できます。

また、 1人の会話を他の数人が同時に聞ける機能があるため、移動性の高いチームワークに適しており、スピーディーに業務を遂行し、効率を著しくアップすることができます。
 

                                          道路テレメータ詳細 

ゲリラ豪雨などの対策に



(利用方法1)  気象テレメータシステム

デジタルMCAなら、その優れた伝送能力を生かし雨量や水位計などのデータを遠隔で自動収集する気象テレメータシステムを簡単に、しかも低コストで構築できます。最近頻発している「ゲリラ豪雨」の発生をいち早くキャッチし、被害や災害を最小限にくい止める情報収集に活躍します。

道路テレメータ詳細

(利用方法2)  道路冠水監視表示システム

集中豪雨やゲリラ豪雨時に、アンダーパスやトンネル等、洪水が集中する場所で発生する道路冠水の状況を常時監視し 警報表示盤等で現場通行時に注意喚起すると共に、監視場所に冠水状況を早期に伝送し、2次災害の拡大を防ぎます。

道路冠水監視表示システム

自治体におけるデジタルMCA導入のメリットについて

1.誰でも無線機の使用が可能                       


防災行政無線は、防災行政無線として独立し無線機運用は防災用途に限定されますが、MCAは陸上移動無線局に位置づけられる為、通常業務にも災害時にも幅広く活用できます。

 

また、MCAは包括免許を取得すれば、で無線従事者免許を持っていなくても誰でも無線機を使用することができます。

2.アナログ防災無線より柔軟な運用が可能                 


番号設定により、組織に合わせた「全一斉」、「グループ一斉」、「個別通話」と同報性災害時の情報収集伝達に優れた効果を発揮します。
この機能は、携帯電話、400Mアナログ防災行政無線には無い、MCA特有の特徴です。

 

また、固定としても移動としても活用できるため、平常時には移動用として柔軟な運用が可能です。
避難場所、学校等に設置しておくことで、災害時にも役に立ちます。



3.近隣自治体との応援通信が可能                     


一般的に地方自治体は、災害時のために相互応援協定を締結していますが、近隣自治体がMCAを採用導入していれば、番号設定をするだけで相互通話が即可能になります。

また、MCAは中継局経由の全国ネットであるため、全国エリアの登録をしているだけで、近隣のみならず全国の地方自治体とも通信が可能になります。

 

4.災害時はもとより平常時にイベント等多様な市民サービスが可能   

多様な利用によって、無線機の活用頻度が高まり1台あたりのコストパフォーマンスがよくなります。


・様々なイベント(雪祭り、花火大会、運動会等・・・)

・市役所の一般業務(水道局、港湾管理など)

・市の各施設(小学校、中学校、老人ホーム、給食センター、文化センター、科学館、水族館など)

・防災用 及び 非常時は平常時のまま防災用途にも

 




 →MCAメインへ

お気軽にお問合せ下さい。 お問合せはこちらからどうぞ  FAXフォームはこちら メールフォームはこちら

To Pagetop