ホーム >  よくあるご質問

よくあるご質問


登録型無線について  免許について  選び方について  その他


登録型無線について

登録型無線機を登録者の在住都道府県外へ持ち出して使用できますか?

 

登録者の住所や、登録した総合通信局の所在地にかかわらず、全国で使用出来ます。
  ただし、登録状の移動範囲に「全国の陸上」のみ記載してある場合は「上空」での使用はできません。


登録の申請者は法人の代表者でなくてもよいですか?

登録に関しては、申請者は法人名とその代表者名、そして印鑑は部課長印等ではなく、
   “代表者印”が必要です。これは、放送局も含め、法令上どうしても必要です。


使用開始はどのタイミングですか?

登録申請書を郵送し、約15日ほどで「登録状」が送られてきます。
  登録状が届いたら開設(使用)できます。
  包括申請(2台以上)の場合は、開設(使用)した時点で開設届の提出が必要です。

参考 >>デジタル簡易無線(登録局)の申請について(総合通信局)

免許について

免許と資格の違いは何ですか?

免許とは
   無線関連でいう免許は大別すると下記の2種類になります。

       ・無線機や無線局を操作・運用する人(無線従事者)が必要とする免許証
       ・無線機や無線局の運用を許可する免許状

    これらはいずれも国家(総務省)が審査し発行します。
    免許証・免許状は、使用する無線機の種別によって、ユーザー個人が取得しなければならない場合が

    あります。

 

   資格とは
    無線関連でいう資格は、ユーザーが各種無線機を使用(操作・運用)できるかの資格です。
    上記の「免許証」の所でも述べましたが、無線機の種別によってはユーザー個人が持っている免許証で、
    使用出来る無線機が限定されます。
    その無線機をユーザーが使用出来るかが資格になります。


免許申請後、どのくらいで使用できますか?

簡易無線局(免許申請・登録申請どちらでも)とMCA無線は通常2〜3週間で申請が完了しますので
   その後使用出来ます。
  (上記期間はめやすです。)

 

選び方について

選び方がよくわかりません

使用したい距離のほか、ご利用環境をおうかがいしてご提案をいたします。
  どうぞご相談ください。


交互に話さなくてよい無線機はありますか?

相手が話し終わってから、自分が話す、という無線機以外に、普段会話をするように相手と重なって
  話すことができる「同時通話型」の無線機があります。 
    >>同時通話型無線機はこちら

その他

 スタンダード無線専門販売サイトでは、アマチュア無線は扱っていますか?

 当社では、アマチュア無線は扱っておりません。
   スタンダードのアマチュア無線をお使いで、これから登録局モデルの無線機を 購入したいとの
   お客様からのご連絡をいただきました。 
   アマチュア無線からの切替をご検討の方はご相談ください。
   (アマチュア無線自体の使い方や、オプション品についての質問にはお答えしておりません)

メーカーのカスタマーサポートはこちら

 使用しない無線機はそのままでよいですか?

 特小以外の無線機は、電波利用料がかかっているので、管轄の総合通信局へ廃止届への提出が必要です。
   廃止届を出さない限り、電波利用料の徴収対象となります。


 他メーカーの無線機と混在して使用出来ますか。

 国内の無線機メーカーはそれぞれ国内無線の規格(簡易無線、MCA)に合わせ各無線機を作成しています
   ので、同種の無線機であれば原則的に他メーカー機でも使用出来ます。
   ただし簡易無線のチャネル番号(周波数)等がメーカーによって若干違いがある場合がありますので、
   他メーカー機の購入やご使用は、販売店にご相談ください。


 無線を使用するにあたって、購入代金以外の利用料はかかりますか?

 特定小電力(近距離)の無線機は使用料金はありません。
   簡易無線、登録型無線、MCA無線は、総務省(各総合通信局)から電波利用料の通知が送られて
   きますので、年に1度のお支払が必要です。

                  

    MCA無線は、月額利用料が必要です。

     >>MCA月額利用料はこちら


お気軽にお問合せ下さい。 お問合せはこちらからどうぞ  FAXフォームはこちら メールフォームはこちら

To Pagetop